慎重に選びたい二次会ドレス!いつでも準備万端で式にお呼ばれしよう

マナーを知ろう

白いドレスの人

結婚式の披露宴にドレスは欠かすことができませんが、マナー違反になる場合もあるので注意が必要です。ファーを付けることや、赤やピンクなどの花嫁が披露宴で着そうなドレスは控えておくのが無難です。また、白は花嫁がメインで着る色なので絶対にやめましょう。写真写りによってクリームやピンク系の色も光加減で白色に見えてしまうことがあるので注意するべきです。ドレスがそれしか無く準備できなかった場合には、カーディガンなどでカバーするといいでしょう。短いスカートのドレスや肩や胸元が大きく開いているドレスは着ていくことが可能ですが、やはり羽織ものをしたほうが品よく見えるので披露宴で浮くことはないでしょう。最近ではパンツドレスといった種類のものがスカートが苦手といった人から支持を集めています。光沢があり、華やかなものなら従来のドレスではなくても着ていくことができます。稀に他国の民族衣装を披露宴に着ていく方がいますが、場をしらけさせてしまうのでやめた方がいいでしょう。白い目で見られるのは自分だけでなく、招待した方にも迷惑をかけてしまいます。披露宴での主役はあくまでも新郎新婦なので、二人より目立った格好をすると恥ずかしい思いをしてしまいます。ドレスに合う髪型を自分でセットするのは時間や手間がかかるだけではなく、失敗する可能性もあるので、数日前から美容室にセットの予約をしておくのがいいかもしれません。メイクもしてくれる美容室もあるので安心です。きちんとした装いで新郎新婦を祝福しましょう。